方格規矩四神鏡を見て卑弥呼に思いをはせてきた

京都で開催されているICOMの開催を記念して
丹後郷土資料館で特別展示をされている
弥栄町、峰山町の大田南5号墳から出土した方格規矩四神鏡と
久美浜町の湯舟坂2号墳から出土した金銅装環頭大刀の
本物を見てきました。

ご存知の通り、方格規矩四神鏡は中国魏の元号
青龍3年の銘が入っている。
発見当時は卑弥呼の鏡かと話題になったそうな。
レプリカが丹後古代の里資料館に展示してあります。

そんなこんなで丹後郷土資料館に到着。
関西文化の日プラスで9月7日まで入館料が無料です。

受付を済ませ、いざ展示へ
函石浜遺跡の出土品(レプリカ)です。
古くから交易があったんですね。

 

そして…
方格規矩四神鏡です。
普段見ているのは裏側ですね。

鏡面も見られるようになってますよ。
写りが悪いですけど…

大田南5号墳て竹野川沿いの丘陵地にあるんですけど
どこから方格規矩四神鏡を手に入れたのか
竹野川を使って交易をしてたんでしょうか?
それとも、誰かから下賜されたものなのか…

湯舟坂2号墳から出土した金銅装環頭大刀も展示されています。
こちらは古代の輝きを見ることができます。

 

奈具岡遺跡の玉つくり関連資料
朝鮮半島に輸出されていた可能性

企画展示室では「発掘された京都の歴史2019」を開催中

というわけで、なかなか見れない貴重なものを
見てきました。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。